男性不妊サプリで人類みんなハッピーライフ

亜鉛は男性不妊の救世主!?

子供を望むカップルにとって、不妊という言葉はとてもナイーブな部分でもあります。今や不妊治療患者数は50万人を超え、高次治療とされていた顕微授精によって子宝に恵まれるカップルも珍しくなくなってきました。不妊というと、女性ばかりが目立つようですが、実はカップルの2組に1組は男性側に不妊の原因があるという事実、あなたは知っていましたか?男性側の不妊原因としては、精液の中に精子が少ない、もしくは精子がいない、勃起障害などなど。
もし自分の性生活に不安を感じている男性がいたら、まずは精力を上げる亜鉛のサプリメントを飲んでみるのはどうでしょうか。亜鉛は精力アップなどの男性機能の強化の他にも、精液の成分にも関係しています。精液に含まれる主要な成分の一つ、それがこの亜鉛なのですから、まさに”良質”な精液の生成を助ける栄養素となり、亜鉛の積極的な摂取は、直結した自分でできる妊活といえます。サプリなら、手軽に飲むことができるので、場所を選びません。いろんな食べ物から亜鉛を吸収しようとすると、なにより面倒ですよね。
男性不妊でお悩みの全国の男性の皆様。パートナーとの未来のために、是非亜鉛を積極的に飲んでみませんか。

生殖機能にガツンと効きます。

本来、亜鉛と男性の生殖機能とは大きな関係があります。
まずは前出のとおり、精液中の濃度、精子の量を増やしたり、濃度の濃い精液にしたり、精液自体の量を増やす効果があります。射精の時に精子が入った精液が出て、それらの精子が子宮の中の卵子に到達し、更にその受精卵が子宮内にくっ付いて(着床して)初めて晴れて妊娠となるわけですが、精液が少ないとその中で泳げる精子の数も限られてしまいますし、なにより良質な精子の生成には至りません。この生命の誕生の根源の部分を亜鉛という栄養素はしっかりと担っているということが言えます。
また、セックスの際の勃起障害に悩む男性にも、この亜鉛は非常に効果的な役目を果たします。亜鉛は昔から精力増強剤の成分としてもお馴染みのものです。亜鉛には疲労回復の効果もあるため、スタミナに不安がある男性の持久力をサポートしてくれるという働きもあります。このように亜鉛は、世の男性の精力機能、生殖機能をガッツリ支えてくれる頼もしいパートナーです。食べ物で摂るにはかなりの量が必要になりますので、補助的なものとして、サプリメントを利用すると、手軽に男性としての自信をアップしてくれる嬉しい効果が得られます。

 

亜鉛サプリで実感!その効果とは…詳細

亜鉛は男性だけですか?いいえ女性にもいいんです。

世間では亜鉛=男性専用の精力剤という印象があるかもしれませんが、亜鉛は女性にも優しくて嬉しくて強い味方って知ってますか。実は女性にとっても亜鉛は生殖機能面を強化してくれる役割があります。妊活中の方が亜鉛を摂取すると、より妊娠しやすい体にすることができます。また妊娠中であれば、亜鉛は胎児の成長を助けてくれる働きをします。妊婦さんといえば、葉酸が注目されがちですが、実は亜鉛もとても大切な栄養素だったのです。
授乳中の女性であれば、母乳を通して赤ちゃんに栄養が行くため目安としては通常よりも3r程度多めに摂取しておく必要があります。要するに、亜鉛って不妊に悩む男性だけでなく女性にも赤ちゃんにも、まだこの世に誕生する前のお腹の中の赤ちゃんにさえもとっても優しくて強い味方なんですね。
亜鉛って聞くと、筆者個人的に鉄サビのような何とも言えない味を思い出してしまうのですが、これって私だけでしょうか。もちろん、亜鉛のサプリメントの味がそんなわけもなく、亜鉛を含む食品がそのような味がするわけでもなく、全くもって個人的な意見なのですが、こんなに良いことずくめならまさに”安心してください、いいことばかりですから”と亜鉛が・・・自分では言わないか。

亜鉛含有量が多い食品ベスト5

亜鉛を多く含む食品と言えば、第1位は生牡蠣です。100g中の含有量はダントツの多さです。日本全国の産地で大きさはさまざまですが、大体100gあたり13〜15r亜鉛が含まれています。その他にもほや、タイラ貝といった貝類には全般的に多く含まれています。
レバーにも亜鉛が多く含まれていますが、牛のレバー(3.8mg)に比べると豚のレバーは6.9mgと倍近く含まれているので、効率よく食べたいときは豚のレバーがおススメです。肉類では赤身の肉が多く、牛肩ロース(4.6mg)、牛もも(4.0mg)、牛ひき肉(4.3mg)と肉というカテゴリーでは牛肉が他のお肉の追随を許さない体制です。
生牡蠣だの牛肉だの一般庶民、底辺の消費者である筆者にとってはかなりハードルが高く、「そんなに食費をかけないと亜鉛は摂取できないのか!?」と言いたくなりますが、庶民派としては、卵の黄身(4.2mg)、プロセスチーズ(3.2mg)、たたみいわし(6.0mg)といった面々が挙げられます。もちろん、庶民派としては、これらの庶民的な食品と合わせてサプリメントを摂取することによって、牛肉だの生牡蠣だのを毎日の食生活に取り入れられるような上流階級の方たちと同じくらいの亜鉛を摂取したいと思います(笑)

そんなに食事で亜鉛を摂れないよ!という方

もうどうにも忙しくってバランスの良い食生活が送れない!亜鉛だけでも無理!と嘆いている方には、安心して下さい、そのような方のために世の中にサプリメントが存在するのです!というわけで、亜鉛のサプリをご紹介します。
昨今の健康ブームで、日本人の生活にかなりお馴染みになってきた感があるサプリです。メーカーもさまざまなところがありますが、多くのメーカーが1日1粒の摂取となっているようです。これなら毎朝、もしくは毎晩1回で済むので忙しい人にも最適ですよね。サプリなら、軽くて持ち運びも楽なので、毎日の食生活をできるだけバランスよく、を心がけその+アルファでサプリを利用すればもう鬼に金棒!表現は古くても、要するに健康面でも夜の営みの面でも怖いものなしの毎日を送ることができそうです。
いままでサプリを飲んだことがないという人の中には、よくサプリをお薬と混同してしまっている人がいますが、お薬はあくまでも病気の治療ですので、お薬によっては体質と合わずに副作用がでる恐れがあります。一方のサプリというのは栄養を補うのが目的なので、特に副作用の心配はありません。これぞ正に「安心してください!」と思わず言いたくなりますよね。

 

亜鉛サプリで実感!その効果とは…詳細

参照リンク

亜鉛サプリの効果・・・成分などにもこだわったしっかりした亜鉛サプリを選ぶことが重要です